自然素材の無添加住宅、新築注文住宅、リフォーム・リノベーションは愛知県常滑市のエスサイクル一級建築設計事務所にお任せください。

お問い合わせ・資料請求

スタッフブログ

リフォーム工事現場調査です

こんにちは はるです

令和になりました 改めてよろしくお願い致します

皆様にとって良い年になりますようお祈り致します

 

さてゴールデンウィークも終わって、やっと仕事にもエンジンがかかってきた感じです(笑

 

今日は現地調査です。

古い住宅をリフォームしてグループホームの施設にする計画です

全く図面がないところから図面を作製しないといけないので、結構大変です。

 

外観

 

あまグループホーム改修

 

最近は空き家の問題が表面化してきて、ニュースでも取り上げられるようになりました

新築かリノベーションかと悩まれる方も多いかと思います。

 

古い家の間取りをガラッと変えるとなると、相当費用も必要になってきます。基礎の補強、外壁の補強・貼替などするとなると

新築で建てた時と比較してコストもほとんど変わらなかったということもあります。

 

どこまでリノベーションするかによって、工事費が全く変わってきてしまいます。

 

私の家も築36年の家をフルリノベーションしました。結構お金はかかりました。

何故お金がかかってもリノベーションを選択したのか?

 

私は昔長屋の借家に小学校まで住んでいました。

大きくなってその場所に久しぶりに行った時に、3階建ての鉄筋コンクリートのアパートに変わっていました。

 

何か寂しい気持ちになりました。

 

だからそんな経験もあって、子供達が何十年育った家を壊すのは思い出までも無くなってしまうようで、新築はしませんでした。

 

 

人それぞれ考え方があるのでなんとも言えませんが、コスト面で家を考えるのであればフルリノベーションはお勧めしません。

ビフォーアフターでやるような工事はコストは大変必要となります。テレビでは安いように見せていますが、かなり工務店が宣伝のために協力していると思います。

 

間取りをあまり変えないリフォームでしたらコスト面で考えるのであればお勧めです。

 

また我が家の築36年のリノベーションした家もご興味あればお気軽にお越しください。家づくりの参考にとてもなります。

 

ではまた!

2019年5月11日 10:40 AM | カテゴリー:リフォーム・リノベーション, 仕事 | スタッフ:

無垢のフローリングは何が良いのか悪いのか?

こんばんは はるです

めっきり秋になってきました。夏の暑さが嘘のようです

先日「海より深く」の映画を見ました。是枝監督の家族描写は色々考えさせられます

 

おばあちゃん役の樹木希林さんの演技は、奥深くて凄いなと思います。

「楽しさ、うれしさ、優しさ、哀愁、ずる賢さ」人間味溢れる仕草、ことばには心惹かれます

 

ということで、現場では大工さんがフローリング貼。

この道何十年のベテラン大工。車の中もコンパクトに整理されていて見ているだけで面白い!

 

IMG_8882 

 

IMG_8881

 

現場では黙々と・・・

 

IMG_8906

 

 

フローリングは無垢のものを推奨しています。この現場では暑さ3cmのパイン材を使用しています

無垢のフローリングは足触りが良いのと、調湿性に優れてるのでオススメです

けれど欠点もあります。一般的に使用されているフローリングより値段が若干高いことと湿気が少ない時には水分を放出するので、フローリングとフローリングの間に隙間ができます。

 

しかし一般的に使用されるフローリングは表面にだけビニルシートか薄い板が貼ってあるので、物を落とした時に下地の合板が見えてしまって、補修をしても目立ってしまいます。

 

無垢のフローリングは小さな凹みだったら、水を雑巾に湿らせて上からアイロンを掛けると、あら不思議不思議元どおり!

繊維が切れて大きい凹みはなかなか元に戻りませんが、長い目で見れば張替えも少なくてお値打ちですし、アンティーク性もあっていい味になってきます。

 

一番良いところは石油系の接着剤を使用しないこと。人体に有害な揮発する化学物質が出ないので、健康にも安心です

 

ではまた

 

 

 

 

 

2018年11月16日 10:56 PM | カテゴリー:リフォーム・リノベーション, 仕事, 自然素材あれこれ | スタッフ:

生きている無垢材-とこなめモデルハウス

じめじめした梅雨らしい日が続きますね。

お家の中も じっとり、べたべたしてませんか。

 

オリジナル漆喰を使っている「無添加住宅」のお家では、漆喰が持っている調湿効果のおかげで

梅雨の時期も そんなに不快ではありません。

床も無垢材を使用しているので素足で歩いてもべたつくことはありません。

 

ただ、無垢の木は生きています。

湿気の多い時は水分を吸って膨張し、乾燥すれば隙間があきます。

(よく見ないと違いがわからない程度ですが。。)

 

キッチン収納扉

 

これはキッチンの収納棚の扉です。

無添加住宅に住んで5年目になりますが初めてこのように右扉が左側の扉に引っかかって浮いてしまいました。

木が水分を含んで膨張しているためです。

ちょっと力を加えればいつものように閉まりますし、空気が乾燥すればまた元通りになるので心配はいりません。

本物の自然素材と暮らすと、このように面白い現象が見られます。

「木が本当に生きているんだ」と改めて感じた出来事でした。

2018年7月4日 12:46 PM | カテゴリー:リフォーム・リノベーション, 自然素材あれこれ | スタッフ:

わくわくテラス-とこなめモデルハウス

30坪程の小さな我が家ですが、リノベーションをしてから「わくわくポイント」がたくさん増えました。

1番のわくわくポイントは何といっても伊勢湾を望む2階の大きなサッシ。

2階への階段を上りきるとすぐに空と海の景色が目に飛び込んできて、

いらっしゃるお客様も驚きの声をあげて喜んで下さいます。

 

その後気になるのが、この屋上へと続くはしご階段。

 

屋上テラス階段

 

「あの上はどうなっているのですか?」と興味津々です。

秘密基地のような小さいドアを開けて外に出ると、そこは3畳程の屋上テラス。

仕事のきりをつけた所長が缶ビールを片手にいそいそと上がって夕景を楽しんでいます。

 

屋上テラス

 

時には友人達と小さなビアガーデン。星が綺麗な夜には天体観測。

 

花火が大好きな私は、ここから長島スパーランドの花火を見るのが楽しみです。

早く夏がこないかなぁ。。わくわく。。。。

2018年6月1日 9:00 PM | カテゴリー:リフォーム・リノベーション, 日常 | スタッフ:

熱線反射ガラス-とこなめモデルハウス

新緑が綺麗な季節。本当に爽やかで気持ちがいいです。

今日の海もとても綺麗です。

 

伊勢湾を見下ろす小高い土地に、元々住んでいた築36年の家をリノベーションした我が家。

いつも海を眺めたくてLDKを2階に造りました。

このLDKの主役とも言えるのは、海を見下ろす大きなサッシでしょう。。

 

刻々と変わる海の色、セントレアに降り立つ飛行機や大きな貨物船。

そして何といっても、鈴鹿の山に沈む夕日の景色は素晴らしいです。

 

夕焼け

 

 

ここで皆さん、2階の西向きに大きな窓、西日がサンサンで暑くないの?って思いませんか?

 

サッシ

 

このサッシはペアガラスで、「熱線反射ガラス」という物を使っています。

昼間は外から室内の様子が見えにくく、熱も反射する、というガラスです。

西日が差し込む時間はブラインドを下ろして閉めてしまえば、暑さはさほど気になりません。

そして、いつまでも熱がこもらないところが気に入っています。

漆喰壁との相乗効果もあるそうです。

 

 

さあ、今日の夕日も綺麗です。

陽が沈むころには灯台の灯りが回って、四日市の夜景が見えますよ。

そして今日はなんと!明るく輝く金星のおまけ付き!

 

金星

2018年5月19日 9:16 PM | カテゴリー:リフォーム・リノベーション, 日常 | スタッフ:

Copyright (C) エスサイクル一級建築設計事務所. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd アババイ

お問い合わせ